手入れと保管

毛皮は高価なものです。そして大変デリケートな素材でもあります。

しかしちょっとした心配りや、普段の手入れをちゃんと行えば20年、30年でも着ることが出来るほど実は丈夫な素材なのです。

 

 

ホコリを落とそう

毛皮を着て外出の際は、帰宅後すぐにホコリを落とします。一度の外出でも大量のホコリを吸収してしまうので、確実にホコリをはらわないと毛抜けの原因になります。

毛並みにくせがついた場合は

濡らしたタオルで毛先部分を軽く濡らすか、霧吹きで軽く水を吹きかけます。

乾いてから振って毛並みを直します。※毛皮は熱に弱いので、暖房器具、温風ドライヤー、アイロンなどは絶対に使用しないで下さい。

簡単な保管法

毛皮を安全に保管するには、虫やカビを防いで、湿気のない低温の場所を選ぶことが大切です。クリーニングで汚れを落とした毛皮は、専用のカバーをかけて風通しの良い部屋に収納するのが一番手軽でしょう。

その際防虫剤が直接毛皮に触れないように注意しましょう。

 

しまっておいた毛皮を再び取り出して使用するときは、毛並みを逆さにして振りますと

寝ていた毛が逆立ちふわっとした毛並みが生き返ります。